脚のむくみを解消する方法

 

脚の浮腫みに良い入浴の仕方は

冷えた体を温める事と、血液の流れを良くして代謝機能を促す事と、固まった筋肉をほぐして細胞に溜まってる余分な水分を排泄させる事、心身共にリラックスさせて体のリフレッシュ機能を高める事を意識して実践しました。
これらの効果を期待するには、入浴方法にもこだわった方がいいと思います。
短時間で済ます入浴はパンパン足を軽減させるということよりは、体を洗うだけのシャワーと変わらないと感じています。

 

入浴を楽しみながらむくみの軽減につながるように入浴方法にもこだわるのがおすすめです。

 

少し難しく感じるかもしれませんが、毎日の足のパンパン具合に悩んでいた私にとってはお風呂にこだわるだけで悩みが軽減できたので、良い方法だと感じています。
入浴剤もしくはレモンやみかんなどの皮を入れて入浴後も冷えにくいようにするのもおすすめです。
あまり熱いお湯に入るんのはおすすめできませんが、長時間かけて芯から体を温めるように半身浴にすると私は良かったです。

 

これは無理しないで欲しいですが、私が行っている方法の1つとして、脚を上げれればなおさら良いと感じています。
脚を上げる事が出来ない浴槽なら、座りながら足首を動かしてふくらはぎの筋肉を動かすのがよいと思います。

 

脚を上げる事が出来ればふくらはぎを足首からひざへとマッサージします。
体調が良ければ十分温まったら少し冷たい水で体を冷やして、少し涼んでからまた半身浴します。
これは広がった血管を縮めてポンプ作用を促す事により血流を良くするために行っています。

 

数回繰り返し上がる前に冷水を浴びれば湯冷めもしにくいですが、疲労するかもしれないので、半身浴を長めの時間でリラックスする方がおすすめです。
浮腫み解消には半身浴で血流を良くして体を芯から温めましょう。

 

体調には個人差があるので、具合が悪いときに無理に行わないようにすることが大事です。
この入浴法も個人の責任で行ってください。専門家の知識を調べることをおすすめします。

 

このようなお風呂の入り方を実践して、体に変化が現れてきたら、習慣化することでパンパン足に悩まされない生活が日常化します。
結果的に毎日続けられる入浴方になります。

 

 

生理前のむくみを解消するには?

生理前になるとむくみで辛い思いをしている女性も少なくありません。
ただでさえ、生理痛で辛いのに、むくみまであらわれるとだるい、痛い、眠いとたまったもんじゃありません。そんな問題に悩まされていた私が行っていた生理前のむくみを軽減する方法があります。

 

生理前にむくむ理由は女性ホルモンの一種の黄体ホルモンが関係していると言われているようです。
排卵が終わると妊娠に備えての準備に入ります。水分を必要とし溜め込む事で排出されなくなりむくみやすい状態となると言われています。

 

生理前のむくみを解消する方法は、排出されないといけない水分がカラダに溜まっている状態と考えられているようです。

 

私の場合は、まずカラダを温める事で血のめぐりを良くするように努めます。
血行をよくしリンパの流れを良くなってくると、カラダは温まりむくみの軽減と生理痛の軽減も実感できました。

 

排卵が終わると体調が変化していきます。
気分も憂鬱になりプチ鬱病と言われる状態になることもありました。
とにかくカラダを冷やさない事が大事です、水分は控えずにしっかり摂取する事。
塩分やアルコールや甘い食べ物は控える事。
カフェインをいつもよりも控える。
などを注意して生活をすることで、私の場合はかなり悩みが減りました。

 

また、カリウムは積極的に摂取すると水分を排出してくれます。
大豆製品はカリウムが豊富なので積極的に食べると良いと感じています。
この事に注意をして生理前の体調と付き合っていました。
もし同じような悩みを抱えている人は、あくまでも自己責任で試してみて頂ければと思います。