むくみ対策の着圧ソックスのリスクとは?

着圧ソックスは元々は病院で使用されていました。手術後に下股静脈瘤等の予防に使用されていましたが、最近ではむくみ予防として一般人にも使用できるようになりました。
むくみ解消ソックスは履いてすぐに効果があらわます。

 

大切な日に合わせてむくみを解消させられるので、今やコンビニや百均ショップでも置いてるくらいに簡単に手に入ります。

 

特に履いてすぐに引き締まった美脚になるタイプは、パンパンに腫れてる脚を圧縮素材で強引に締め付けてるだけなので、履けば綺麗なラインになるけれども、履いてる時だけで一時的な物です。
無理やり締め付けてるので当然体には有害になります。

 

長時間履いて締め付けていれば、血栓が出来て動脈閉塞になったり、足が壊疽したり取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。
特に履いてすぐに効果がある、締め付けの強いタイプは、血栓が詰まって心筋梗塞や脳梗塞などの可能性もあります。

 

どうしても大切な日にむくみを解消させたい時は医療用のむくみ解消ソックスがおすすめです。
医療用なのでむくみを根本的に解消させるために足の筋肉を大きく動かして、血行を促すようになるからです。
しかしむくみを解消させるには脚を圧迫させるよりは、余分な水分を排出させれるように体質改善をする方が健康的です。
まずは代謝機能を高めて血行を良くなるようにしましょう。